トップ / 家族葬で見送る方が多い

家族葬という葬儀

家族葬で見送る方が多い

葬儀の基本の情報

家族葬の意味について 

家族葬とは、家族や親族、親しい友人のみで行う小規模な葬式の事です。葬儀の様式や宗教儀礼についての定義はなく、故人の希望があった場合には無宗教式で行われる事もあります。参加人数の把握がしやすいので予算や日程を自由に決めやすいというメリットもあります。近親者のみなので、弔問客に気を配ることが少なく、故人との別れを落ち着いて行う事ができます。少人数のため、人件費や設備費用が抑えられ、返礼品や通夜振る舞いなどの費用も低額で済みます。家族葬は故人との別れをゆっくりと行えます。

葬儀の考え方について 

葬儀は非常に高額な費用がかかってしまいます。最近では高額な費用を懸念され、控えめにされる方も増えています。しかし、費用が大きくなるのは、故人に縁のある親族や友人などが一斉に集まるためとなることが理由となりますので、亡くなってしまった方と最後のお別れができる機会を作り上げることになるのです。多くの方が集まれは、故人に対する悲しみも緩和されますし、気持ちの整理がつきやすいきっかけともなります。そして、参列者が多ければそれだけ香典の頂くことが可能となりますので、葬儀の金銭的負担も軽減が可能となるでしょう。