トップ / 葬儀の準備をしておこう

葬儀の在り方とは

葬儀の準備をしておこう

葬儀の基本の情報

宗教の違いがある時の葬儀 

家族間でも、親子や兄弟で信仰する宗教が異なるということがあります。それぞれの家庭で事情がありますので、正しい解決策はありませんが、葬儀にはいろいろな方法があります。故人の意思を尊重するため故人の宗教。家族葬や無宗教葬、友人葬など、形は様々です。喪主は故人を思いやり、残された家族や関わりのあった人の意見を尊重しながらの判断を必要とします。形態そのものを簡略化することはあっても、「葬儀を全くしない」のは、 まだまだ極少数派でしょう。今は形式に囚われず、様々な方法があります。

自分らしい葬儀を実現しよう 

人が亡くなると必ず行われるのが葬儀です。多くの場合、亡くなった人の意思を尊重するというよりは、業者の主導で話が進んでいきます。遺族は悲しみの中にありますから、細かいところまで指示をする余裕がないことも多いのです。そのため、希望があるなら事前に家族と話し合っておくという事も必要です。遺言として書面に残しておくのも有効です。できるだけ自分らしさを実現できるものとなるように準備したいものです。今は生前に葬儀について相談できる業者もありますから、ある程度の年齢になったら自分で相談してみるというのもよい方法です。