トップ / 葬儀で気をつけるべき事

葬儀の際の注意とは

葬儀で気をつけるべき事

葬儀の基本の情報

葬儀当日の注意について 

葬儀当日で気を付けたいのが言葉づかいです。慶事と同じように「忌み言葉」があります。不幸の繰り返しや死を連想させる言葉は避け、別の表現にしましょう。実際に言葉を交わす場面の想定として、受付では「この度はご愁傷さまでございます」と言い、香典袋は「どうぞお供えください」と言って渡します。記帳が終わった際には「お参りさせていただきます」と声を掛けましょう。思い出話をするときは、「生きていたころ」ではなく「お元気だったころ」と言い換えます。以上のマナーを押さえて、落ち着いて葬儀に参列しましょう。

家族葬のメリットについて 

個人と過ごす最後の時間として、古くから日本で行われている儀式である葬式。土地や宗教によって葬式のスタイルには様々な型式がありますが、近年主流となりつつある葬儀スタイルの一つとして家族葬を挙げることができます。一般的な葬儀の場合、個人とゆかりのある人々が数多く訪れて故人をしのぶものですが、このスタイルの葬儀ですと、故人の家族や親戚はじっくりとお別れをする時間がありません。家族葬は基本的に故人の家族や親戚など、特別に親しかった少数人数で行うため、家族が故人と心行くまでお別れの時間を過ごすことができるのです。